サッカーのフォーメーション・戦術を徹底分析!

Jリーグや日本代表を含め、世界のサッカーにおける戦術の重要度は昔に比べて大変に大きくなりました。対戦チームの戦術やシステム、あるいは試合中の戦況に合わせてフォーメーション・戦術を駆使し、個人技で上回る相手に勝利したときは、その戦術手腕が大きく評価される時代です。

 

日本代表においては、ザッケローニ監督、アギーレ監督に続き、ハリルホジッチ監督が就任しました。ハリルホジッチ監督は2014年ワールドカップ・ブラジル大会でアルジェリア代表を指揮し、4バックや3バック(5バック)システムを採用してベスト16という大きな成績を残しました。ハリルホジッチ監督に限らず、個人技術で劣るチームでも戦術によって勝利できることを証明したのです。


メッシやクリスチアーノ・ロナウドがいるバルセロナ、レアル・マドリードは、各選手の個人技術が飛び抜けて高度なチームです。ドリブル、パス、シュートが人々を魅了し、歓喜させます。その裏には、監督やコーチが相手チームを徹底分析し、自チームの強みと相手チームの弱点を突いたサッカー戦術が存在します。そのサッカー戦術の仕組みとサッカーの奥深さを知ったとき、サッカーが何倍にも楽しくなるでしょう。

4-5-1システム

今や世界中のサッカークラブチーム、サッカー代表チームにて多く採用されている4-5-1システムについて解説します。戦術面で柔軟に対応できるところが、人気の理由の一つでしょう。


4-3-3システム

フィールドをワイドに使う4-3-3システムについて解説します。4-5-1システムとも良く似た特徴があり、人気のシステムです。


4-4-2システム

代表チームではイングランド代表が、Jリーグでは鹿島アントラーズが伝統的に採用しているシステムです。Jリーグ創世記の90年代は、4-4-2システムを採用するJリーグクラブが非常に多かったのですが、最近では採用するチームが少なくなったようです。


3-5-2システム

主にディフェンス面でのメリットが大きい3-5-2システムは、トルシエ監督がフラット3として採用したことでも有名で、2000年前後に大きく流行したシステムです。


3-6-1システム

中盤の6人にし、分厚い攻撃を可能のとする3-6-1システムについて解説します。中盤で数的優位に立ちやすいため、プレッシングサッカーに向いていると言えるでしょう。


3-4-3システム

攻撃に主軸を置き、フィールドをワイドに使う3-4-3システムについて解説します。日本では、ザッケローニ監督が得意とするシステムで有名でした。


スポンサードリンク